社員を知る

チーム一丸となって
クライアントの法人営業に変革を

ISR(インサイドセールスレップ)

S.Daisuke 2015年入社

クライアントの売上に貢献できる。
それが日々の原動力であり、
やりがい

インサイドセールスレップの仕事は、クライアントの営業に代わって、クライアントのお客様(企業のご担当者様)にコンタクトを取る非対面型の法人営業です。主には電話でお客様の課題などをヒアリングし、製品やサービス導入のニーズがあるかを確認していきます。ニーズのある企業には導入希望時期や予算感を聴取したり、提案日程を調整したりします。
ブリッジのクライアントは、外資系IT企業など世界でもシェアの高い大手企業であるため、自分たちの営業活動でそうしたクライアントの売上に貢献している点が、やりがいにつながっています。「ブリッジからクライアントの法人営業に変革を」という気持ちで、チーム一丸となって活動しています。

IT知識の習得に励み、今では
大手企業の役員にも
提案できるほどに

以前は地元の団体職員だったのですが、何か大きなことを成し遂げたい!と思いブリッジに転職しました。入社以来、一貫して同じクライアントを担当し、そのお客様にソフトウェアの提案を行っています。当初、ITの知識はほとんどありませんでしたが、社内研修やクライアントとの勉強会などで少しずつ習得。現在では大手企業の部長や役員とも違和感なく会話できるようになり、自身の成長を実感しています。
ブリッジの魅力は、社内で自由に意見を言い合うことができる、風通しのよさだと思います。また、平日はほとんどの社員が18時には終業し、私自身も週末は旅行やスポーツなど趣味に没頭するなど、仕事とプライベートの両立ができる点も特長です。

いつかメンバーを育てる立場となり
チームの底上げ、
サービス向上を目指す

目下の目標は、インサイドセールスマネージャー(ISMgr)になって、チームメンバーを育てることです。これまで私自身、お客様にうまく意図が伝わらないなど、仕事の難しさを感じたことがありました。そんなときは上司やISMgrに相談し、うまくいかなかった原因を究明し、改善策を探って、一つひとつ解決していくことができました。
今は一歩ずつ「トークスキル」や「傾聴力」向上のために精進し、いつかISMgrになったときには、これまでの経験を活かしてメンバーにアドバイスをしていきたいです。個人とチームのパワーアップによって、ブリッジとしてより高品質なサービスを提供し、クライアントの成果向上に貢献していきたいと考えています。