社員を知る

顧客の未来に
中・長期視点で貢献する

営業

N.Yohei 2017年入社

“考える”要素の多い営業活動。
それがブリッジらしさの一つ

私たち営業の仕事はブリッジのサービスの提案者として、クライアントの法人営業に改革をもたらすために必要な「人」(アウトソーシング)、「仕組み」(コンサルティング)、「道具」(システムソリューション)の提案を行うことを主としています。
具体的には、クライアントのニーズや課題に対して最適解を提案し、受注、導入後のフォローアップまでを担当します。
課題解決には、事業内容や組織構成、業務フローまでを深く理解した上で提案を練り、具体的施策の落とし込みや効果試算まで時間をかけて行うため、一口に“営業”といっても意外にも(笑)“考える”要素が多いことがブリッジの営業職の特徴です。
加えて、社内の関係部署と連携したり、クライアントの意図を正確にくみ取る必要があるため、自分のコミュニケーション能力に磨きがかかっている(笑)と日々実感しています。

大手企業がクライアントであること。
その面白さとやりがいを実感中

前職は小さなソフトウェア会社で営業を中心にさまざまな職種を経験しましたが、もともと業務改善や業務設計に関心があったことからブリッジの営業に興味を持ち、入社しました。
ブリッジのクライアントは誰もが知っている外資系企業をはじめとする大手企業ばかりです。そうした企業に対して直接、組織や仕組みに変革をもたらすような提案をできることは大きなやりがいになっています。
また、一つの目的に向かって社内の関係部署、時には社長をも巻き込みながら進んでいく、そのスピード感やダイナミックさはブリッジならではかもしれません。
実際の仕事ではコツコツとした作業も多いため、クライアントに対しても社内に対しても、必要な情報を適切なタイミングで丁寧に提供していくことを心がけています。

今は一つひとつ経験を積み、
いつか大きな貢献ができる人材になりたい

現在はまだまだ、クライアントの要望に応えることに精一杯な面もあります。クライアントが「こう考えている」「こうしたい」ということに対して、小さなピースを少しずつ集めて形にし、答えをひねり出しているような、そんな感覚があります。
今後は大手クライアントの経営層に対し、中・長期の経営戦略に基づいて目の前の課題が3年後、5年後どうあるべきか、そして今と将来をつなぐ直線上で、今ブリッジとしてどんな貢献ができるのか、といったクライアントの未来を良い方向へ変えられるような広い視野での提案ができるようになりたいと考えています。
そのために毎日、一歩ずつ自身が成長していくことが必須であり、それがブリッジとクライアントの成長・発展につながっていくように努力し続けたいと思います。